七夕、家族が健康で幸せで。

1年の半分が終わった、何て話をしていたら気づけば今日は七夕。いつも買い物するスーパーで七夕の飾り付けがされていて、息子とお願い事を書きました。私のお願いごとは家族が健康で楽しい毎日を過ごせますように。息子はお歌が上手になりますように。4歳になる息子は幼稚園でのお遊戯が苦手で、特に歌うのが恥ずかしくてできないそうです。きっとお歌上手になるね、と文字がまだ書けない息子の代わりに私が書きました。そういえば去年は何を書いたのかなと去年の写真を見返してみると、今年と全くお願い事を書いていました。思い返してみれば息子が産まれた年から私のお願い事はこればっかりだった気がします。もちろん初詣でも。子どもの頃は自分のことについてのお願い事があって、そればかり叶うことを夢見ていた気がします。ちょうど息子のように。そんな子どもの頃、母親の願い事は家族の健康や幸せを願うものばかりで、そんなこと本当に思ってるの?なんて思っていました。母親になって4年、気付かないうちに自分の母親と同じような事を私も願うようになっていたことに今日初めて気がつきました。きっと世の中の父親、母親のお願い事はこんな風に家族の健康と幸せを願ってることがほとんどなんじゃないでしょうか。自分自身の夢や願い事よりも家族のことを願えることってなんだか幸せですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です